留学 英語

IELTSライティングセクションパラフレーズ方法と単語一覧

IELTSライティングセクションで高得点7.0以上を目指すのに必要なパラフレーズ方法や単語一覧を載せておきます。

 

7.0以上を目指す場合簡単な単語の利用を避け、表現をアカデミックに言い換えるパラフレーズが必須となるので、伸び悩んでいる人の助けになれれば幸いです。

アカデミックな文構成に変える方法

アカデミックな文構成はニュース(特にエッセイ形式のもの)や論文を意識して読むことで身につきますが、具体的にアカデミックな文構成にする方法をいくつか紹介します。

 

1.頻出形容詞を名詞に変え主語にすることでアカデミックらしさがぐっと上がります(大事!)

例:

△Using translation applications is becoming more important and popular in these years.
近年翻訳アプリを使うことは重要で人気が出てきている。
〇The importance and popularity of translation applications have grown over the past years.
翻訳アプリの重要性と人気度はここ数年で増加している。

 

2.関係代名詞を使って1文を長くすればよりアカデミックになります(基本!)

例:

△In 2020, the figure dropped by 20%. This figure was half of the data 10 years ago.

〇In 2020, There was a drop of 20% in the figure which was half of the data 10 years ago.

 

3.veryは別の副詞に変えた方がアカデミックになります

例:

△It is very important that any children are equally educated.

〇It is significantly(/extremely/incredibly/undoubtfullyなどでもOK) important that any children are equally educated.

クマ
大げさに聞こえるけどこれがアカデミックライティングの傾向です

 

4.頻出単語は多用せず毎回パラフレーズが必要です

例:

△ I agree with this idea.の各単語多用

〇 I concur with this statement. やI advocate this argument.と別の単語に変えていく。

このパラフレーズが大変なんですよね。次にIELTSライティングでよく使う単語を別の語句に置き換えられるよう一覧を載せておきます。

IELTSでよく使う単語の言い換え一覧

単語の言い換えができないとライティングで高得点を取れません。特に以下はしょっちゅう置き換える必要のある単語です。似た意味の単語を記載しておくので、一気に覚えてしまいましょう。

どの単語も似ているけど正確な意味は違うから使う前に調べましょう
シマウマ

Task 1頻出

<名詞>

percentage - rate, proportion, data, figure, amount, ratio(比率)

chart - pie chart, table, graph (bar graph, line graph), diagram, flowchart, map

a drop of X% in XX- a decrease of~, a decline of ~
例:There was a decrease of 10% in the whole price. (全体の価格に10%の減少があった)
※動詞の方が減少増加の表現は多いですが、多様に表現を使った方が良いです

a rise of X% in XX - an increase of~, a hike/an upsurge of (a large rise)
後の形容詞と合わせてもっとバリエーションが増えます

<形容詞>

small(データの上下に使う) - slight, modest, tiny

large(データの上下に使う)- drastic, dramatic, substantial
例:The figure illustrated a drastic increase in 2012.

flat - stable, constant, steady
例:The amount remained stable/constant/steady until 2020. (値に変化なし)
There was a stable/constant/steady increase for 3 consecutive years. (値が一様に上がる)
quiescentという類義語もありますが、これは前者のみに使えます。

<動詞>

show - illustrate, indicate, mention, demonstrate, compare(比較する)

drop - fall, decrease, decline, diminish, plunge/plummet (drop largely)

rise - increase, skyrocket/leap/soar/spike (rise largely), peak at/hit (一番上に到達する)
後の副詞と合わせてもっとバリエーションが増えます

go up and down - fluctuate (変動する)

例:The popularity of tea fluctuated in Europe for 10 years.

<副詞>

about(約) - nearly, around, approximately, roughly
曖昧な数値のデータに毎回使う必要があります

a little (データの上下に使う) - slightly, moderately, a bit

largely (データの上下に使う)- drastically, dramatically, significantly
The figure increased drastically by 40%. (データが40%分急激に上がった)

あとはデータをただ読み上げるだけでなく比較級などを使ってデータの比較を行うと尚良いです。

クマ
あと時制の一致は必須です。データが過去の内容なら過去形、未来の内容なら未来形(it is projected/expected that...等)で書きましょう
次はTask 2の頻出置き換えに移ります
シマウマ

Task 2頻出

<名詞>

students - learners, pupils, schoolchildren

people - 人達(civilians, individuals, citizens, denizens) 人類という意味での人達(mankind, humankind, human beings)

young people - children, kids, youngsters, the young, young generation

old people - the old, the elderly, elderly people(/civilians/citizens), old generation

rich people - affluent +人達, wealthy +人達, the affluent, the wealthy

poor people - impoverished +人たち, the impoverished

salary - wages, earnings

development - expansion, growth, progress

result - outcome, circumstance, consequence, effect, repercussion(影響)

advantage - benefit, profit, merit, positive aspect, pro(the pros and consという使い方もあり)

disadvantage - drawback, downside, obstacle, hindrance, demerit, negative aspect, con

view - argument, statement, idea, aspect, perspective, vision

reason - rationale(論理的根拠), motive/intention/purpose(目的), cause (原因), justification (正当化の理由)

(a) lack of XX- (a) dearth of XX

<形容詞>

important - paramount, supreme, vital, crucial, influential, significant, pivotal, importance(名詞、形容詞importantよりアカデミックになります), gravity (名詞)

necessary - required, compulsory, imperative, indispensable, essential, necessity (名詞)

difficult - complicated, severe(きびしい、つらい), difficulty (名詞), complication (名詞), severity (名詞)

bad - detrimental, unpleasant, unfavorable

right - correct, appropriate, proper

many - numerous, plentiful, countless, manifold, copious

<動詞>

agree - concur with, advocate, be for

disagree - do not concur with, do not advocate, be against
※何回もagreeやdisagreeにあたる語を使うことはないので、concur withとadvocateさえ覚えておけば十分です

say - state(述べる), mention(言及する), argue(論じる、主張する), indicate(指し示す) discuss(論じる), reiterate (もう一度言う)
例:I reiterate the importance of English education for children.

affect badly - deteriorate, aggravate, exacerbate, worsen
例:affect the situation badly -> deteriorate/aggravate/exacerbate/worsen the situation

become better - improve, ameliorate, enhance, strengthen

tend to - be inclined to, be apt to, have a tendency/propensity to, be prone to

overweigh - outweigh, exceed

<副詞>

very - significantly, incredibly, undoubtfully, extremely, immeasurably

クマ
類義語を調べたいときは"XX(英単語) synonym"とGoogleで検索すれば出てくるよ

IELTSで使えるアカデミックフレーズ一覧

特に高得点を目指さなければならないTask 2をよりアカデミックにするフレーズの一覧を載せておきます。

<イントロダクションに使う>

XX has sparked heated debate about whether XXX(問題).

「XXが元でXXXすべきかという激論が交わされてきた。」

XXの例 - The gravity of the internet (インターネットの重要性), The advent of globalization(グローバリゼーションの出現), The popularity of smartphones(スマートフォンの人気さ)

XXXの例 - individuals should focus on selecting accurate information or not. (個人が正確な情報の選択を意識したほうがよいか)

~or the opposite has become the case. 
「~か、逆のことが成り立つか」
字数少ないなと思ったら入れれば良いです。

例:Experts have debated whether the advent of sophisticated technology has strengthened our education level or the opposite has become the case.

I advocate/concur with the former/latter view.
「私は前者/後者の意見を支持します」

This essay will discuss both sides using examples from XXXX (the research from Oxford Universityとかthe society in Japanとか) to demonstrate points and prove arguments.

「このエッセイではXXの例を使って両者意見を論じ、ポイントを示し議論を証明します」

クマ
上の方法でTask 2の1段落目が完成するけど字数が多くなりすぎるので不必要な部分を削った方がよいです

<段落の切り替えや話のまとめに使える>

On the other hand, there is ample evidence that ~
「一方で、~という十分な証拠がある」

As a result, it is conclusively clear that~

「結果、~であることが決定的に明らかだ」

Meanwhile, although there are downsides to XXX, its' plentiful advantages cannot be denied.
「一方で、XXXには欠点があるものの多くのメリットがあることは否定できない。」

From the arguments and examples given, I firmly believe~

「議論や例で示した通り、私は~であることを強く信じる。」

クマ
最後に文の流れで使う接続詞や副詞を記載しておきます

<文の流れで使う接続詞や副詞>

文1 while/whereas 文2 (文1の一方で文2)

whereasは文2に反対要素が入る

although に変えれば「文2だが文1」の意味に

Nevertheless, (それにもかかわらず、)

In addition, Furthermore, Moreover, (さらに、)

Therefore, (したがって)

イントロダクションの後の段落の最初に - On the one hand

※First of all/Firstly, Second of all/Secondlyのような表現はすこしレベルが低く7.0以上にはふさわしくないとみなされる場合もあるそうです。

反対論の段落の最初に - On the other hand,(一方で)

結論段落の最初に - Overall(全体的に見ると、)As a conclusion, (結論、)

まとめ

以上を意識して作文をすれば、アカデミックで語彙力のある解答をでき「語彙力」や「文法」の部分で7.0以上の作文を安定的に生み出すことができるようになります。

 

あとは構成を極めて質問の回答に集中するのみです^^ 構成と質問の解答の仕方についてはこちら↓

ココがおすすめ

人気の記事

1

IELTSライティングセクションで高得点7.0以上を目指すのに必要なパラフレーズ方法や単語一覧を載せておきます。   7.0以上を目指す場合簡単な単語の利用を避け、表現をアカデミックに言い換 ...

2

本ページではこんな人のためにイギリス英語アプリを8個紹介します。 こんな方におすすめ イギリス英語が好き。理屈じゃない イギリス生活のためイギリス英語に慣れたい いろんな国のアクセントを学んでいる I ...

-留学, 英語

Copyright© わくわくHappy LABO , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.