留学

イギリス式GPAの換算方法と成績の考え方

日本の大学のGPA計算方法とイギリスのGPA計算方法は違います。

 

日本の多くの大学が厳しい計算方法を利用しているせいで低いGPAになっていることもあるので、その場合は再計算したデータを大学院に提出し大学院合格率をアップさせましょう。また、イギリスの成績Upper Second Class Honoursなど聞きなれない表記についても説明しています。

イギリス式GPAの換算方法

イギリス式GPAの換算方法はこうです。

80-100% - GPA: 4
70-79% - GPA: 3
60-69% - GPA: 2
below 59 - GPA: 0

イギリスの大学によっても多少計算方法が違うこともあるようですが、この方法で計算している学生が多いようです。

 

そして、この計算を使えば自分のGPAが上がることが多いです。私の場合日本式のGPAが1.93という低さでしたが、計算後は3.1になりました。

 

計算内容を成績表の最初か最後のページに追加して大学院に提出することをお勧めします。

計算内容の具体例ワードファイルを参考に載せておきますね。※PCで開くの推奨

大学院の求めているGPAレベルがわからない

各大学院が出願に必要とする大学時代の成績レベルを定めているわけですが、例えばこういう設定です。

1st Class Honours (1st)

Upper Second-Class Honours (2:1)

Lower Second-Calss Honours (2:2)

とても曖昧な設定ですが、1stは平均成績が70%以上、2:1は60-69%、2:2は50-59%程度と言われています。具体的なGPAや大学は以下です。

  • 1st Class HonoursやUpper Second-Class Honoursの上位にあたる3.7以上程度(OxfordやCambridge)
  • Upper Second-Class Honoursの3.3以上程度(世界ランキング上位に入る一流大学等)
  • Lower Second-Class Honoursの2.7以上程度(イギリスの有名中堅大学等)

ただしこれは大体の目安ですからGPA足りてなくても出願して挑戦した方がいいです

この記事もおすすめ

まとめ

以上、イギリスのGPA換算や成績の考え方についてでした。

 

人気の記事

1

IELTSライティングセクションで高得点7.0以上を目指すのに必要なパラフレーズ方法や単語一覧を載せておきます。   7.0以上を目指す場合簡単な単語の利用を避け、表現をアカデミックに言い換 ...

2

本ページではこんな人のためにイギリス英語アプリを8個紹介します。 こんな方におすすめ イギリス英語が好き。理屈じゃない イギリス生活のためイギリス英語に慣れたい いろんな国のアクセントを学んでいる I ...

-留学

Copyright© わくわくHappy LABO , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.